SH-1000(自動)

ギャングプログラマ「MODEL1950」 ,「MODEL400シリーズ」,「MODEL500シリーズ」のいずれか1台を搭載可能なセミオートプログラミングシステムです。
ご所有されているプログラマをそのまま搭載出来ますので、資産有効活用が可能です。
オートローダ搬送部をなくす事で、従来のフルオートプログラミングシステムよりも大幅に廉価です。

IC搬送時の位置補正、及びICソケット位置補正を上下カメラ2台にて自動補正しますので、多ピンIC(QFPパッケージ)の搬送も可能です。
小容量のフラッシュメモリからマイコンや大容量のeMMC・NAND等のメモリーまで対応可能な汎用プログラミングシステムです。

特長

    • 搭載可能なギャングプログラマ

      高速ギャングプログラマ「MODEL1950」,「MODEL404e+,408e+,416e+」,「MODEL504,508,516」のいずれか1台を搭載可能です。

    • オートティーチング

      高性能CMOSカメラにより、微調整が自動で簡単に行えます。自動運転時は1デバイス毎の位置補正で正確にソケットに挿入します。

    • トレイ配置

      JEDECトレイを供給用と収納用を、それぞれ1枚づつ収納可能。

    • 操作画面

      プログラムデータ、座標データ、マーキングデータをタスクデータに一括管理。バーコード対応も可能。

製品仕様

プログラマ
プログラマ 「MODEL1950」,「MODEL404e+,408e+,416e+」,「MODEL504,508,516」のいずれか1台を搭載可能
通信 USB2.0(MODEL1950,MODEL400シリーズ),USB3.0(MODEL500シリーズ)
バッファメモリサイズ 標準4Gbit(MODEL1950),標準512Gbit(MODEL400シリーズ),標準1024Gbit(MODEL500シリーズ)
対象デバイス eMMC・eSD・GB-NAND・MoviNAND・i-NAND・NAND・OneNAND・Flash内蔵マイコン・NOR・etc
動作ログ テキスト形式にてロット毎に保存
ハンドラ
対象パッケージ TSOP・SOP・BGA・QFP
対象ソケット オープントップソケットタイプ
デバイス搬送 X、Y、Z、θ 4軸2相パルスモーター+ベルト駆動
X軸最小分解能:10μm/パルス
Y軸最小分解能:10μm/パルス
Z軸最小分解能:10μm/パルス
θ軸最小分解能:0.18°/パルス
デバイス搬送能力 400[UPH] UPH=Unit per Hour
※トレイ搬送等の、動作シーケンスを除く
座標登録方法
マニュアル方式

X-Y、Theta座標:専用パッドと専用ジグによる目視設定
Z座標:オートティーチング

全自動位置決め方式

画像処理によるオリジナルシステム

画像検査機能 デバイス搬送姿勢の補正を、CCDカメラ画像処理により自動実行
供給形式 据置方式(標準)
対象トレイ: JEDEC(サイズ:315.8mmx135.8mm 自動搬送用 ※中央にバキュームピックサイトがあるもの)/EIAJ
収納数 供給 1枚、収納 1枚、不良収納 置場
装置制御 Windows(R) 10
ユーザーインターフェイス LCDパネル(PLC用モニタ,PC用)、キーボード、マウス
ネットワーク対応 Ethernet
機種切り替え時間 10分以下 ※但しROMデータ転送時間は含みません
使用エア 0.4Mpa 50l/min ※ドライエアーに限る
電源 ACIN :AC100V/ AC220V 50/60Hz 10A
設置現場に合わせて対応可能
装置サイズ/重量 (D)900 (W)1150 (H)1500(mm) 約240Kg
※突起、PC、モニターを含まない